笑顔が見れるようになった

自分の話ていることは何か間違えている、どこかに事実があるはずと考えていました。
だからかなと思うのは、人が何を言っても否定的にとらえてしまう傾向にあるのです。

こうなったら、必ずこうなると思ったら、否定するところは何もないと思ってしまう。
悪い癖なのは分かっていますが、もっと肯定的に考えてもいいといえるのでした。

会社からも、癖のある人に思われてしまうのは、そのせいかもしれないのでした。
ある時がきっかけでしたが、結婚式に呼ばれた時に、私にこの光景はあり得ないと伝えてしまったことです。
どうして悲観的なの?結婚なんていつどうなるか分からないよ?といわれた時です。
同僚に聞いてみた場がいいよといわれたのが、とあるCDでしたが、最初は否定的でした。
論理的に考えたいタイプなので、アファメーションCDの存在自体も否定的でした。

でももしかしたらの可能性を考えて、このままでは仕事に何かしら影響があると考えたのです。
聴いてみたらいいよ?ただそれだけだからと言われて、渡されたまま悩んでいるのです。
ところが聴いたからかもしれませんが、可能性はあると何かにつけて考えるようになりました。

肯定的に考えることで、仕事もしやすくなったと感じて、同僚にアファメーションCDを返すとプレゼントするよといいます。
笑顔が見れるようになったね、といわれて初めて私は笑顔もない人間だったと感じました。

論理的に考えることが全てじゃないと思いだしたのは、同僚がきっかけでした。
今では素直にありがとうって思えます。