産んでからぜひプレゼントしたい

産前にいろいろな雑誌や体験談などを読んで来ましたが、「赤ちゃんへのプレゼント」というものには完全に無関心でした。産まれて間もない赤ちゃんなんて何かもらっても喜ぶ顔なんて見れないし、お金かけてどうするのなんて冷めたこと思ってました。ベビーリングなんてとっても高価ですし、正直生活がかつかつで、子供生まれたらもっと大変なのにお金なんて使っていられないというのがわたしの考えでした。

最近では赤ちゃんの誕生日プレゼントで人気のあるリシュマムのリュックなどですが、しかし産まれると本当に思いは変わるもので、「なにか生まれた記念に残してあげたい」と思ってきました。ベビーリングはちょっと高いし、髪の毛で筆を作りたかったけど毛が少なくて(笑)雑誌を読み返すと、毎月赤ちゃんに向けたお手紙を書いてる人がいました。これなら私にもできそう!ということで、毎月お手紙を書いてます。大きくなったら渡すつもりです。

私が「赤ちゃんへのプレゼント」にこんなに冷めていますが、実際わたしの両親はすごくお金をかけてくれていたようです。わたしも髪の毛が少なかったので筆はできませんでしたが、ベビーリングも作ってくれたし、生まれて里帰りしているときに、過去のものを引っ張り出してくれました。そこには毎日の記録がびっしり!今日できたことや感じたこと、病気の症状など本当にマメな母親だと思い涙しました。

そのとき、ベビーリングなど物で渡すよりも、思いが詰まったものの方が嬉しいなと感じました。おそらく母はそんなことまったく考えていなかったでしょうが、読み返したとき子どもは胸が熱くなります。母子手帳に記録したり、育児日記をつけて、読み返した自分のため以上に子どもへのプレゼントになると思いました。ちなみに作ってくれたベビーリングは10年経ったら売ったようです(笑)わたし本物を見たことがないです(笑)